読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せにさせて欲しい

既婚者Tさんを全力で幸せにするブログ。

晩酌。

今日、打ち合わせ中Tさんがずっとそわそわしてて、
でも昨日から微妙に距離をおかれてるから
みつめながらどうしたの?っていう視線を送り続けた。
顔若干あかいし。

でも今までよりも熱量が少なくて、若干解放感と余裕があって、よくわからなかった。


その後二回立て続けにこっちに来たけど、いつのものどうでもいいような用事でもなかった。

確かに今日見つめあいながらそわそわしてたけど私のこと嫌いになったのかな?普通の距離でいようってこと?って考えもよぎって
誰にでも接するように話しかけたら無言でそのまま立ち去られて「なんっ」 でって不満を言いかけた。


なんでや~普通の距離なら距離で話してくれたってええやんか~~って若干拗ねた。




1つは手作業中だったし(仕事しながら喋れないし喋りながら仕事できないっぽいTさん)やっぱり気持ちがいっぱいいっぱいだったか、

1つは距離おきたいから無視。


だけど無視だったらもっと悲壮な空気流れて絶対的な拒否の壁があるだろうし、逆に余裕かまされて解放感に溢れてるから、なんか企みごとでもあるかのようでもう、バカ!なに遊んでんの!?ってだいぶむくれそうになった。





で、まさかの会いに来ずに帰られて衝撃が走った。

今まで一度だって会いに来ずに帰られたことはないのに....。

ただ悪い予感はしなかったからあくまでポジティブだったけれど。もうバカ~好きだけどバカ~って頭の中Tさんでいっぱいになってた。



そのせいか?仕事で滞りがでてよくわからなくなった。ずっと困り顔で心ここにあらずで困っていた。






もう、どうしよ!困ったときの先生だ!つって頼りにしてる人のとこ行った。




行った。




いた。







いたよね~~~


えぇ~~ってスーツ姿でTさんが椅子に座って先生と話していた。えぇー。
なんかちょっと顔色くろかったけど。いつもの赤さはなく。ただ表情はかたくなかったよ。



びっくりだよね。

嬉しさと悲しみで勝手に上がる口角を圧し殺しちょっと泣きそうになった。(仕事で滞ってるし余計にね)
その嬉しさを隠しきれない、けどほって帰られた、若干冷たくしたでしょっていう悔しさで口角を下げよう下げようでも嬉しいくやしい涙目って顔をおもいっきりIさんに見られたけど。


もう先生に用があったのにあ、仕事の話してるのかなって近づこうととして引き返した。

で、また別のようで自分のフロアから出たときTさんがこっちに歩いてきて、ほって帰られなかった嬉しさでもううわ~~って気持ちがぎゅーっとしてたけど、バカ、バカって思って、見たいけどしゅんじゅんして
すいって自分のフロアに逃げた。

こっちに向かうように歩いてきたから、しかも頬を何度も手でこすって、あぁ~どうしよとか何とか一人言をいって何か私に言いたそうに来たから~あ~。
っていうか前髪切ってきたときも恥ずかしそうにしてたよね照れ屋か?!スーツ恥ずいんかお前は!!?


ていうか数ヵ月前も、Tさんの出勤をそわそわして待って居た!って発見したらスーツだったのでびっくりしてこけたから(距離あったけど目の前でこけたからかけてこっち来ようとされた。すぐに起き上がって平気な合図を近くにいた人にしたから来られずにすんだけど)
私がスーツフェチの人に思われてしまう。

なんだろ、無意識のうちにスーツフェチなのかな?ときめいてるのかな?



ていうかそもそもスーツだから近寄れなかったのかな?見たいけど自分のフロアに逃げちゃったのかな?

スーツ!!
フェチなのかな~??

うちは制服があります。


でもそれならおあいこだ。
私が初めて制服着て出勤した時人知れずときめいてたの知ってるんだぞ~。(晴れやかなときめき顔で二、三度見された後ずっと目を輝かせてい
た)



あぁ~って、もうほって帰られなかったことが幸せですね。

よかった。


帰るときもだいぶ私の前で落ち着かないようだったから
OK!バカおまえ私のとこ好きなんだろ。ばーっか好き。