読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せにさせて欲しい

既婚者Tさんを全力で幸せにするブログ。

マカロンと煙草、

報告義務とかTさん仕事ちゃんとやってんのか
私のせいにしない

みんなそんなことない





今日はRさんと二度目のお食事。ドライブデートだった。



こんなこと言う自分最低だけど、
苦痛でないデートはない。自分でそういう場を作り出してるんだ、だからその人がどうこうじゃないんだ。

ただ、彼女は溜まっている、
からしょうがないけど

ずっと喋りぱなしだった。



毎週末人に呼び出されて疲れてるから尚更なんだけど、
しんどかった。



今からその内容を消し、洗脳が溶けるかが不安。

自分は人の愚痴、特に知ってる人の愚痴を言われるのが苦手だ、嫌いだ。


私はたいていその人のことが好きだから。

悪いとこ聞いたらぎくしゃくしてしまう。


そういう人だと思い込んでしまう。それが辛い。



私はどんな人でも理解したい。好きになりたい。




明日からその人たちとうまくやれるだろうか。


今でさえ愚痴を聞いてうまくいっていない人がたくさんいる。


人のいいところを褒める人は少ない。



それは相手に嫉妬されてしまうからなんだけど、
本当はもっと言った方がいいと思う。


それで好きになれた人もちょっといる。
ちょっとなのは皆良いところを言わないせい。


どうしてそんな不満たらたらで生きていけるの?





職場の人はみんなぼーっとしてる、社員は特に無責任だと言う。


これが払拭できない。
まず。



でも、彼らは私にたいして無責任だったことはない。

冷たいと言う、放っておかれる、という。


でも、彼らに放っておかれたことはない、わたしは。


人はみんなわたしが若く女だからという。


でも、誰も信じないだろうけど、
そういうことじゃない。


わたしが彼ら、彼女らを愛しているからだと思う。
なんでみんな単純なことに気づかない?



どうして自分がやさしくしないのに人にやさしくしてもらえると思う?


何故相手の立場に立たない?

彼らもあなたのことを冷たい人だと思っているのではないか。

人の欠点を責めるべきではない。




確かに、嫌なことをされたら嫌だ。死ねと思う。
消えろと思う。もう仕事辞めろと思う。



けど、だからって人格までを否定してはいけないはずだ。


想像すればいい。


彼らの人生があり彼らの長所があるのに、短所や粗を探しだして攻撃すると、自分さえも攻撃してしまう。




何故なら他人を許せないと自分をも許せなくなる。



あの人は仕事が遅い。
自分の仕事が遅かったら許せなくなってしまう。


あの人は仕事ができない。
自分が仕事ができないことを許せなくなってしまう。



どうしてそうも他人と自分に苦しい世の中を作り出してしまうのか。


確かに一緒くたに他人を悪者にして全人格を攻撃したい。
でも、それは辛いことだ。








いいこちゃんぶってるかもしれないが、
これが自分を守るために、
自分をそう思い込ませる

だましてしまうのも
手だ。


でないと私は苦しい、吐く。
他人を否定すれば、自分の胃腸がまた大洪水になってしまう。





だから、Rさん彼女も苦しい。

真面目に優等生に生きてきた人だから
自分の正義の基準に当てはまらない人が許せない。
その人その人の人生があるのに。





怒る人は悲しんでる人だ。
だからっ怒る人も怒る行為もクソだと、死ね、と思う。
けど、そこは理解しておきたい。



せめて、自分に刃が向かっていない時は肯定したい、してあげたい。




だけど、たまにそれを勘違いして惚れてくる輩が多すぎるので死んでほしい。いや死ななくてもいいけどその感情を殺せ。


なんで調子に乗るの。
人のやさしさ(?)の上に胡座をかくの?

君らは神仏に
食べかけのおにぎりとか
唾を吐き捨てるタイプの人間か?


神仏と一緒にはしないけど。







ほんとに、簡単に惚れないでほしい。
やさしくすればするほど下品な目で見られる。


私がほんとうに受け入れられるのは家族か幼なじみか女性かタイプの幼児かTさんだけだ。



ふざけるなよ。



なんで、あな気持ち悪い。私は全人類の穴ではない。







わたしもう、怒られる自分を肯定しようかな。





疲れた。

会社に行って、みんなを擁護できるだろうか?




Tさんだけ擁護する。今。


ボーッとしてるって言われた。
謝らないとか。
あの会社の人はみんな人に濡れ衣を着せるとか。
それは一方的だ。

彼女は一方しか見えてない、と言っても私もそういうところあるだろうけど。

彼女らの言い分もある。




Tさんはボーッとしてない。

やる気もある。

けど、キャパオーバーでしにそうだ。
それに能力以上のものを求められてるんじゃない?わからないけど。


ボーッとしてるって皆社員のこと言われてた。
やる気ないって。
いや、そんなもんなのでは。
やる気ある人を褒めるべきでは。


あとそれ現実逃避からの恋煩いだから。あ、言ってて自分寒い。痛々しい。




Tさんは謝れる子だ。自分が悪いと思えばね。

素直なのよ。



Tさんは、自分知らなかったけど、私を責めないなぁ。

彼も気づいてないと思う。


私がなにか仕事を知らなかったり、やれてないと

役職者のせいって言う。


決して私のせいって言わないね。
知らなかった。

確かに入ったばっかで下っぱのせいもあるけど、

Rさんは入ったばっかなのに他の人に責任を押し付けられたと言う。
押し付けた人、自分を否定されたくなかったんだろうね、守りたかったんだろうね。
だからといってRさんに責任おっかぶせたのはかわいそうだし、自己中だけどね。



この会社に勤めてびっくりしたけど、
責任って、誰を責めるか、なんだね。

責任の所在は?って誰を責めていい?誰ならこのイライラをぶちけていい?ってことだったんだね、みんな。バカじゃないの?

責任ってそういうことじゃないでしょ。責めていいわけないでしょ。
連帯責任でしょ。責任者って功労者でしょ。バカなの?なんで一番頑張った責任者を守ってあげないの?




とにかく、
Tさんは私を責めないね。
守りたいんだろうね、無意識に。


どういう時に責めたくなるんだろう。
仕事で彼は私を責められないと思う。
もしかしたら、一生?
だって、年が10コも離れてて、勤続年数が10コ以上違うから。

きっと彼は私を責められないだろうなぁ。
そりゃ私が責任者になったら言うだろうけど、
そういうことを教えなかった自分より下で私より上の人たちを悪いと思っちゃいそうだな。言葉にせずかつ無意識に。

だってわたしはかわいい赤ちゃんでしょう、君にとって。
時には母で時には女の子、まだ女性って意識は低いのかな。多少はありそうだけど、そう考えると君、ロリコンだね。
だってロリータ好きでしょう、無害みたいな。





ただ、私が浮気したり誰かに言い寄られたら私が悪いって思うタイプよね?
その無防備さが悪い。

色目使ってないけど、その色目が悪い。


みたいな。








ってTさんのこと知らなーい。妄言。





Tさんそういうところ弱いよね、
あなた、私がすっごく無垢にお願いって言ったら
断れないでしょう。

断りそうになったら良心がずたずたになるタイプでしょう。


離婚とかそういう話はそうも行かず、自分を責めちゃうだろうけれど。

あー、もうわかんね。


本読んでねる。