読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せにさせて欲しい

既婚者Tさんを全力で幸せにするブログ。

懐。

用事があってもTさんには聞かない。

聞くのは聞く人がいない時だけ。

昨日も一昨日もいなかった、から聞いた。


けど今日はいた。

だからTさんにも聞けるのにTさんを目の前にして別の人に聞く。

嫌いだからじゃない、避けてるからじゃない。


Tさんに聞きづらいだけ。

本気になっちゃう丁寧になっちゃうのが不安になるから。


そんなに重くとらえなくていいのに、重くとられて申し訳なくなる。


もしくは前頼んでも理性的に判断して自分の仕事じゃないと断られたのがトラウマになっているのか。

 

二回あった。


二回目は、Sさんに聞いた。
今日Sさんは管理的な立ち位置じゃなかったのに、
それなりに信頼もあって聞き易くて対処も重すぎないからSさんがいたらSさんに頼む。
信頼がある。
割りとどんな仕事も。それだけ馴染んでいる。
妖精さんにも頼むけどね。
一回目は妖精さんに頼んだし。


そもそもパット見たらSさんしかいなくて
Sさ~んって行ったら
近くにTさんも居たのギョッとした。

Tさんは管理者だから話は聞いてた。でも頼まれてないから何も言えず黙って仕事してた。

けどいきなり後ろに立たれて背中がTさんの懐にぶつかってビックリしすぎした。


私のすぐ隣にあったパレットから物を取り出してたんだけど、
そしてそれを取り出すためにぐいぐい押したんだろうけど、
何事かと思ったよね。

あばらの形をくっきり感じた。


で、あんまりにも近いから顔を胸に埋めたい、抱きつきたい、抱きつけるんじゃないかという気持ちで顔だけ横向いてちょうどここだという隙間に顔を落ち着けてた。すれすれの辺り。ちょうど凸凹が収まる辺り。


それだけ。


でも仕事のためとはいえ
いきなり接触があったことに驚いた。

あとから、あんなに接触とは一線を越えるような緊張するものという感覚があった筈なのに、Tさんには接触は朝飯前というか日常茶飯事なのか?
と考えさせられる目にあった。

 

私と接触したいというよりはSさんへの威嚇だろうか?

縄張りの主張?...でも私からSさんに近づいてるしな。Tさんの良いところだと思うけど、本当にテストステロンの量が多いね。やっぱあそこもデカいのかな。いいなぁ。

 

今でもSさんにはライバル意識持ってるのだろうか?

だから理性より闘争心が勝ったのだろうか。


昨日は友達が邪魔なTさんにぶつかってったけど、
今日は邪魔な私にTさんがぶつかってったね。

 


すごい、居心地はよかったです。

 

つい半年前はいっつも接触あったのにね。
私が荷物持ってよろけたり、後ろに下がる度に
Tさんの懐に入った。