読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せにさせて欲しい

既婚者Tさんを全力で幸せにするブログ。

うだうだ考える日の一部。

お客さんにたまにかっこいい人がいるけど、そういう人に限って、労ってくれるというか、愛想がいい。

逆に、愛想がいいから、
顔を見てしまって、かっこいいと思うのかもしれないけど。
かっこいいと思ったのがわかられてしまって
尚更労ってくれるのか。

 

 

Tさんも初っぱな、
愛想がよかったな。

絶対怒られると思ってた。
かっこいいから。なのと、たぶん初めてみたのは電話対応の時
(ミラーリング電話対応参照)
かもしれないんだけど、
Tさんの対応が神経質でしかなかったから
仕事なんて頼もうものなら
怒られると思っていた。

 

私の電話対応(初対面)がよかったのかな(笑)
冗談だよ。でも、Tさんが好きそうな対応してた気がする。
あっちも電話してたから
聞いてないかもしれないけどね。

その、
初めて会話(たぶん)の時は、
やっさしかったなぁ。
だからビックリした。

 

 

で、こないだ来たお客さんが愛想よくて、かっこよくてときめいてたら
しっかり結婚指輪嵌めてたの。

住所変更二度もしてるから
そうかなとは思ってたけど、
やっぱりしっかりしてるんかい!
しかも、結婚しいてもつけてない人もいるわけだけど、
つけてるんかい!
ってなったの。

 

 

くっやしかったよね。

結婚してる男は口説かないでほしい。

どういうつもりで口説くんだよ。
ちょっと男としてまだイケると思いたいのかよ。

そういうやつに限って簡単に手とか触れてきやがって。

 

その怒りの矛先は当然Tさんに向かったよね。

当然。

 

Tさんの場合、無意識そうだったし(好きと言うより人間として会えて嬉しい、近づきたい、触りたい欲求をひしひしと感じた)
、余裕がなくいつもピリピリでイライラで死にそうだったから
この女をいっちょ担いでやろうみたいな余裕は見えなかった。
むしろ私にはまりかけることで自分で自分を嫉妬の渦中に落とし混んで苦しめられてた。
あの頃わたしには仕事にも生活にも人生に余裕があったから
客観的に一歩引いて、
なんかやってんなあの人、くらいに思えた。


何度も言うけど、
目が確実に死んでた。
憎しみでいっぱいだった。希望もなくただ暗黒の海を漂い泳いでるような目だった。

 

 

それに、私やっぱりTさん好きだったから
はまりこんでしまったね。


しかたないね。


恋愛って多くは女がはまらせるものだと思うんだけど、
男は大体の女にモーションかけるから、それを女が受け入れるか否かだと思うんだ。

だから、わたしが嵌めたんだろうな、と思う。

 

私、自意識過剰だなって思う。そう思って読んでください。しかたない。こればっかりは。

 

それに、計算づくで嵌めた感も否めない。
でもだいたい計算して行動してるから、みんなそうでしょうし、(こうしようと思って、結果を想像してアクション起こすでしょ。で、リターンでこういうの返ってきてこういう結果が得られたから今はこう振る舞うべきだな、ここまでだな、とかみんな考えるよね?それが無意識の反対の意識ってやつだよね)
こうなりたいって無意識で思ってたのかも。

 


で、今更、
最初からなんだけど、
Tさんの恋愛がお遊びだとは思えないし、
人生の根幹に関わってる気がするし、
現実見て、Tさんは甘いな、
結婚してるくせに愛される、この関係が私に許されると思ってる、
甘いなと思うけど。
(奥さんに許されるかなんて知らないさ。私は奥さんじゃないし、奥さんにも人生があるだろうけど、私にも人生がある。奥さんがどうであろうが、私は私の人生を生きる。自分の道を譲る気はない。Tさんの人生にちょっとお邪魔してる感なんてない、人と人の関わりはそんなもんじゃない。ガッツリ関わるもんだよ、命がけだよ)

実際正負があれば、
正の部分ではゆるしている。

愛している。

ただ、元々の性格上気が多いので
いい男がいたらすぐ乗り換える準備はあります。

たとえ、彼氏がフリーだろうが、当然だろ!
女だぞ!人生だぞ!

 

ただ、Tさんが私の男になれば浮気しなさそう。

人生の根幹に関わるような
男だからね。

私には達成すべき人生がある。
20年間自分の天井を覆い尽くしている父との確執をTさんで解決しなければいけない。
20年間の負債を支払わなければいけない。


私の好きな、
穏やかで顎が小さい男だと、
今のままだ。浮気しちゃう。
外の男のいない家庭なんて築けないよ。
逆に言うと、それで幸せなんだ。

 

 

Tさんは父に似てる。暴君っぽいところが。
そして神経質なところが、私の鏡っぽい。Tさんの方がまともだろうけど。私のは神経症になってるから病的。

神経質なんで神経質と共に歩みたくはないんだ。
けど、
もしも、Tさんがパートナーになれば向き合わなければいけない壁だと思う。


ならなければ、解決しなくていいんだ!と思って


ひどい家庭を築き、娘を私の二の舞にしそうだな。

 

 


それだけTさんは苦手な男だ。
だけど、だけど惹かれてしまった。
人生とは欲張りだ。